「遙かなる時空の中で4」感想

遙かなる時空の中で4(PS2)をやっとコンプリートしたので感想。




異世界に召喚され、恋に戦いに頑張る女の子を描く「遙かなる時空の中で」シリーズ4作目。
前作から、戦いがより重視されるようになった印象。今作の主人公も結構戦います。なので1・2の守られる立場が好きな方にとっては少々辛いかもしれません。
個人的には戦う女の子も好きなので、全然OKでした。むしろカワカッコイイ。

雰囲気や掴みがよく、ついつい世界観に入り込んでしまいます。
BGMも神代のイメージに合わせてなのか、とても壮大でドラマチックな曲が多い。何度も聴きたくなります。
システムもクイックセーブとロードがありますし、戦闘もスキップが早いのでさしてストレスなく進められます。
あと背中合わせで戦うというシチュエーションも新しくて面白い。援護に行ったり来てくれたり、多彩な反応が楽しめます。
最初はAIで動くのはどうかなぁと思っていたのですが、やってみると楽ですね。戦闘はそうシビアでもありませんし(一部のイベント戦を除いて)、AIも見当外れの行動はしないので、戦闘方針の指示さえも使わずにクリア出来ました。
戦闘終了でのキャラクターのモーションも細かくて面白かったです。忍人が刀を収めたり、サザキの武器を投げる動きが格好良くてついじっと見てしまいます。
イベント発生に関しても、メモに条件が表示されるので「攻略できない!」となることはありませんでした。フラグを立てない場合と立った場合で、少しイベントが変わったりするのも嬉しいですね。



次に不満な点。

ボイスが欲しいところにない点が目立ちました。メインの恋愛イベントでのボイスの少なさもありますが、攻略できるサブキャラも多いのに、カリガネとサティ、岩長姫(一応皇も入りますかね)以外無声なのは違和感を覚えます。その割りにはルートのないエイカや狭井君、語部の民?には声がついていたりして、全体的にアンバランスな印象を受けました。
ボイスが少ないのは容量のせいかもしれませんが、背景も同じものが幾度となく出てきたりしますし、もうちょっと何とかならなかったんでしょうか。綺麗な背景なのに使い回し過ぎで「あぁ、またか」と思ってしまいます。
キャラクターのポリゴンも、その人物の存在を感じられる点ではとても良かったのですが、通常画面ではいかんせん不自然な所が多い。(戦闘では前述したとおり)
せめて、座る・横になる・多少の身振り手振りのモーションくらいは用意して欲しかった。走るであろう場面でのろのろ歩いていたり、全体的に棒立ち過ぎます。



次はストーリーについて。賛否両論あると思いますし、ネタバレですので反転文字にします。

メインを全員攻略すると迎えられるエンディングについてです。どのキャラ(八葉ポジションの8人)も同等の扱いであるはずの恋愛ゲームで、この真相はどうだろうと思いました。メインヒーローが決まっていて、他キャラとのEDもありますという形態のゲームだったら寧ろ好みの種類なんですが……
「何度も繰り返していた」という台詞と白龍の回想から推測すると、他のEDを迎えたあとも最初に巻き戻されて、同じ歴史を繰り返していたということでしょうか。だとすると今まで迎えたキャラクターの結末が全部なかったことになってしまったかのようでかなり複雑です。
いくつもの未来がパラレルで存在する、という訳でも無さそうですし。これで「ループしている」という設定さえなかったら(ルートによって完全に分岐した既定伝承だとしたら)、好きなエンディングなんですが。

いろいろ不完全燃焼な謎がありますが、追加ディスクはあるのでしょうか。
ループものである以上、結局あの結末に帰結するのだったら続ける意味がないと思うんですが……一緒に戦ってきた記憶はない訳ですし、中つ国のメンバーはともかくアシュヴィンやサザキ、遠夜はちょっと無理がありますよね。大団円EDから続けるにしても、だったらあのEDは何だったの?って話にもなりますし。
あと個人的に中つ国に好感を持てないです。過去の待遇も含め、まつろわぬ民への対応も……あれだけ色々真実(及び経験)を知りながら、「なぜこの国を再興したいと(あるいは守りたいと)思うのだろう?」という千尋の自問がなかったのが不思議。
戦いが嫌いだという描写はありましたが、「中つ国を再興したいと願う理由」がもっと欲しかったです。ようするに国に対する思いが「王族だから」だけでは、プレイヤー的にいまいちジレンマがないってだけなんですが。もう国捨てちまえよと何度か思ってしまったので……



キャラクターや舞台設定はとてもいいのに、描写不足だったり着地点が疑問だったりで手放しで絶賛できないのは確かです。そう思うということは嵌った証拠ですし、だからこそ不満も出てくるんですよね。
面白かったしシステムも快適、絵も綺麗だったのに、いまいち不完全な印象を拭えない作品でした。
でも追加の派生があったら買うと思います。それだけの魅力があるだけに、もっとちゃんと恋愛を描いて欲しかった。




遙かなる時空の中で4(通常版)
コーエー
2008-06-19

ユーザレビュー:
遙かとしては乙女ゲー ...
買って損はないです。 ...
あまりオススメできま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


"「遙かなる時空の中で4」感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント