「BLACK WOLVES SAGA -Bloody Nightmare-」感想

BLACK WOLVES SAGA -Bloody Nightmare-(Win)の感想です。






原因不明の疫病ゾディバが蔓延しつつある、ウェブリン王国。
とある凄惨な殺人事件を発端にして、いつからかゾディバは狼種の呪いだという噂がまことしやかに囁かれはじめます。
その噂は民の不安も相まって加熱していき、ついには「狼狩りの令」が出されるまでに。
人々はこぞって狼種を殺戮、それに対抗するように村々を襲う狼種。
血に濡れた熱狂から数年後、物語は始まります。

生まれつき身体の弱いロベイラ種であるフィオナ(名前変更可能)は、外界とは隔絶された塔の中で暮らしていました。
外へ出たいという気持ちはあれど、伯爵である父や騎士の兄、そして優しい使用人たちに囲まれて平和な毎日。
そんな日々がある日突然崩れます。
16歳の誕生日に行われる、庭での晩餐会前日。
初めての外へ胸を高鳴らせるフィオナの前に兵を連れて現れたのは、ウェブリン王国第2王子・オージェでした。
「ゾディバを蔓延させている魔女」――領民からの告発により逮捕しに来た、と話すオージェ。

必死の弁明も虚しく、フィオナは罪人のごとく王都へ連行されてしまいます。
とはいえ、以前より親交のあった王子たちはフィオナが魔女などということは信じていないようです。
領民の不満を和らげるため、そう話す彼らを信じるフィオナ。
王城で過ごす毎日は思ったより穏やかでした。
けれど王子たちと過ごすにつれ、目の当たりにした彼らの歪み。
そうしてフィオナは、陰謀と狂気の中に巻き込まれていきます。


ハッピーエンド好きな人には絶対におすすめできません。
公式サイトを見れば分かりますが、精神的・肉体的共にエグいシーンがあります。
逆に悲惨なバッドエンド(悲恋という意味ではなく)が好きな方には胸を張っておすすめできる作品です。

まず、歌を含めて音楽がすごくいい。
調べてみたら光田康典さんの会社なんですね。(クロノやゼノギアスの作曲をしている方)
サントラはぜひ発売していただきたい。
なにしろサイトで聴けるBGMに一耳惚れして買ったも同然なので……黒き狼の伝承が特に好き。

ストーリーは期待にそぐわずエグい展開やエンドが満載です。
監禁、拷問、調教、殺戮……エトセトラ。死亡エンドなぞ生温いわ! という感じ。
15歳以上推奨なので詳細はぼかされている部分もありますが、どうせなんとかなるんだろ? という考えでいると痛い目をみますw
あー良かったハッピーエンドだった、と思いきや最後の最後で(゚д゚)ということもあったので、タイトル画面に戻るまで気を抜いたらあかん。(具体的に言うとオージェとユリアンのとあるED)
とりあえずコンプリートしたい&余程ドMでない限りは、オージェ、メヨーヨは早めに攻略しておいた方がいいです。
目をカッぴらいてるCG多いよ!

イベントCGをクリックすることで一言が聞けたり、エクストラボイス、グルーミングなど、おまけも楽しい。
キャラによってはここで聞ける台詞が一番甘いという事実。
エクストラボイスの「語尾にアニマル」という項目では、それぞれの種族に対応した語尾でゲーム中の台詞を喋ってくれます。
ニャン、ぴょん、ワン、ガオーまではいい。
狼種は本気で吠えすぎ、ネッソに至っては……w
ぜひ自らの耳で聞いてみてください。

欲を言えばムービーリストも欲しかったな。
ルートが分かれるところでムービーが挿入されるんですが、この歌もすごくいいので。
OP・ED・挿入歌がサウンド鑑賞リストには入っていないのが惜しい。
EDムービーも日本語ver.と英語ver.があってどちらもいいんですよね。サントラ早(ry


次に惜しい点。

共通ルートが長め+個別は大まかに3グループに分かれる形なので、ちょっとルート被りが多い印象。
JUMP(次の選択肢へ移動)コマンドがあるのはいいのですが、移動するまでの読み込みが長い上に、未読部分も飛ばしてしまう(CGなども記録に残らない)という仕様なので使いづらい。
スキップ機能は既読・未読設定が出来るのですが、選択肢が少なめなのでスキップしている時間が長く、だれてしまいます。

シーン回想は細かく対応しており、簡単な説明も表示されるので分かりやすい。
ただ順番の分かりづらさ(共通→ルートごとに並んでいるというのは分かるのですが、エンディングは分けて欲しかった)や、ページボタンがない(数ページあるのにBACKとNEXTボタンしかない)点は少し面倒だったかな。

細かい点ですと、私はマウスボタンを左右入れ替えて使っているんですが、ゲーム中だと反映されなくてちょっとやりづらかったです。
ヤマノテBOYSの体験版でも同じ仕様だったので、Rejetのゲームは全部そうなのかも。
その辺りはちょっと改善して欲しいなあ。
まあ、あまり需要はなさそうな改善要望ですが。


個別で感想。ネタばれなので反転文字にしてあります。

メヨーヨ……フィオナ自身が欲しいわけじゃなく、物としての執着心という辺りがなあ……と思っていましたが、なんかあまりの仕打ちにそんなのどうでもよくなりました。
バッドEDの方がちゃんと愛情を自覚してくれたんじゃないかな。
フィオナの「メヨーヨは誰も頼れない、私しかいないんだ」というようなモノローグも相まって、切なくなってしまいました。
オージェ関連では色々と可哀相な役回りも多いメヨーヨですが、同じくらい(もしくはそれ以上に)酷いこともしてるのでバランスはとれてるのかも。


オージェ……もうどうしようもねえ。最後までフォローしようのない歪みっぷりで、乙女ゲーの攻略キャラということを忘れました。
グッドEDは疑いつつも「ハッピーエンド……?」と思ってたら最後の最後であのセリフ!!
こいつ本当に期待させておいて突き落とすの大好きだな! チクショー!!
フィオナに傾くオージェも見てみたかった……けどどう考えても無理っぽい。
演技ばっかりの人なので、他EDにて本気で感情を爆発させるオージェを見たときはちょっとスッとしましたw


ユリアン……基本癒し系なだけに、壊れた時は痛々しくて見ていられませんでした。
トゥルーEDの最後には驚愕。せっかく……せっかく和やかに終わったと思ったのに! 不穏過ぎるううう!
ウェブリンの問題は根本的解決しているし狼側の3人も生きてる大団円のEDなんですけど、後味の微妙さとBGMの盛り上がりがホラーっぽいというかなんというか。
やっぱりフィオナが目の前で拷問されたのが響いてるんでしょうか。トラウマ製造機だな、あの双子は……。


アルル……双子の後にやったせいなんでしょうけど、狼のみんなが優しすぎて泣きました。
もっと復讐にどっぷり浸かっているのかと思いきや、ちゃんと群れのことも考えている優しい人ですね。
それだけに、他EDで見た狼種の未来よりもメヨーヨへの憎悪を優先したアルルに胸が痛む。
アルルグッド・ユリアントゥルー以外ではオール死亡(描写自体はない場合もありますが)なので、生きていてくれるだけで嬉しい。


ラス……事前情報の時点で好きでしたが、やっぱり本当にいい子でした。
ただ、好意は感じましたが、あまりくっつかないので物足りなかったです。
真のグッドEDはPSP版まで待てってことでしょうか。グッドなのに悲壮感パネエ。
ラスの性格もあって、幸せにしてあげたい度ナンバーワンなだけにPSP版でハッピーエンド待ってるよ!
序盤から2人で行動する?分、打ち解けることが出来るっぽいですし!!わくわく。


ギラン……殺人狂なのにかわいい。普段の子供っぽさと死に際の格好良さがたまらないです。
双子王子ルートでは最後にラスの名を呼ぶところで泣き、アルルルートで庇ったあと「褒めてくれよ」とねだるギランに愛しさと切なさと心強さと!
第一印象とは打って変わって、面白かわいいキャラでした。
トゥルーのラスト選択肢で期待したんですが、やっぱりアルルたちは帰ってこないんですね(´;ω;`)ウッ


ネッソ……ヤンデレなのかと疑っていましたが、ちゃんとフィオナを大切にしてくれて安心しました。
言動の端々にちょっと不安を覚える時もありますけどw
フィオナへの愛は重すぎですが、それが原因で他のキャラを傷つけるような人ではなく、フィオナが望んだことならちゃんと認めてくれるのが嬉しかったです。
ザラとの以心伝心っぷりもしみじみ良かったですが、エルザとの相棒っぷりももう少し見たかったなあ。


ザラ……ものすごくホッとするルートでした。
個別へ入ってからは血生臭い展開がほぼないし、ザラ自身も精神的にしっかり落ち着いているので、ED後もちゃんと幸せになっただろうと確信出来る数少ないED!
ゾディバを完全に克服出来るであろうところもポイントですね。
ザラは大団円に必要不可欠です。PSP版でも超頑張って。



先が気になって一気にクリアしてしまう、そんな勢いのある物語でした。
PSP版も楽しみなんですが、PC版限定攻略キャラであるギランとユリアンが思ったよりずっと良かったので、攻略できなくなってしまうのは残念。
その辺りは、代わりにPSP版限定攻略キャラに期待しておきます。

美しい音楽と、陰惨な展開、キャラクターの意外性を存分に味わってください。
死んだ方がマシなんじゃ……そんなアドバイスを主人公にしたくなる乙女ゲームは中々ありませんよ!
万人にはおすすめ出来ないけれど、誰かと語りたい。そんなゲームです。

BLACK WOLVES SAGA -Bloody Nightmare-
Rejet
2012-04-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BLACK WOLVES SAGA -Bloody Nightmare- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


PSP版(2012年発売予定)はこちら。
BLACK WOLVES SAGA-Last Hope-

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック