「BLACK WOLVES SAGA -Bloody Nightmare-」感想

BLACK WOLVES SAGA -Bloody Nightmare-(Win)の感想です。 原因不明の疫病ゾディバが蔓延しつつある、ウェブリン王国。 とある凄惨な殺人事件を発端にして、いつからかゾディバは狼種の呪いだという噂がまことしやかに囁かれはじめます。 その噂は民の不安も相まって加熱していき、ついには…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「華ヤカ哉、我ガ一族キネマモザイク」感想

華ヤカ哉、我ガ一族キネマモザイク(PSP)の感想です。 前作感想はこちら。 1年前の次期当主争奪戦が決着しないまま、勝負はそのまま持ち越しになった宮ノ杜家。 玄一郎が新しく提示した条件と共に屋敷へやってきたのは、7人目の兄弟だという男。 彼、守は宮ノ杜に恨みを抱き、一族の命を狙っていた人間でした。 ただなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「文明開華葵座異聞録」感想

文明開華葵座異聞録(PSP)の感想です。 主人公・水戸葵(名前変更可能)合気道を嗜む普通の女の子。 テストを控えたある日、幼馴染みの宗助と家の蔵掃除をしていると古い鏡を見つけます。 眺めていると鏡は突然発光し、主人公は意識を失ってしまいました。 次に目覚めたのは見覚えのない場所。 そこで出会ったのは、宗助に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「二世の契り」感想

二世の契り(PSP)の感想です。 普通の高校生活を送っていた白羽真奈(名前変更可能)。 ある日、人を捜して上杉謙信縁の泉へ訪れた真奈は、不思議な稚児を見かけます。 泉の中で泣くその子を助けようと足を踏み入れると、途端に水の中へ引き込まれてしまいました。 「あの方を助けて」という言葉と共に消える稚児。 そのま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ予定のゲームあれこれ

プレイ予定のゲームメモ。 発売済みで積んでいるゲームがたまる一方なので、新しいものは買い控え中。 ○二世の契り PS2/オトメイト/2010年8月26日 オトメイトの設定はいつも私の萌えツボをついてきよる……。 人死にが多そうでドキドキです。 元ネタの史実は忘れて存分に楽しみます。 ○タクティクスオウガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「華ヤカ哉、我ガ一族」感想

華ヤカ哉、我ガ一族(PSP)の感想です。 舞台は大正時代。 田舎の貧しい家に生まれた主人公・浅木はる(名前変更可能)は、父が病に倒れたことを切っ掛けに、とあるお屋敷に勤めることになります。 主である宮ノ杜一族は一癖も二癖もある人物ばかり。 散々な扱いを受けて先行き不安になる主人公でしたが、その矢先に当主・宮ノ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「GARNET CRADLE」感想

GARNET CRADLE(Win)の感想です。 2年生への進級を控えた春、天橋美紅は学園の一大イベントでのヒロインに抜擢されます。 辞退も受け入れてもらえず、気が重いながらも引き受けることに。 その役柄のこともあり、思い悩む日々を過ごす美紅。 それと時を同じくして、ある夜を境に不思議な世界へ足を踏み入れてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「三国恋戦記~オトメの兵法!~」感想

三国恋戦記~オトメの兵法!~(Win)の感想です。 図書館で友人たちと課題レポートをするため、三国志について調べていた主人公・山田花(名前変更可能)。 不思議な雰囲気に興味を引かれて分厚い本を手に取ります。 「九天九地盤-三国記-」と書かれたその本には、三国志の物語が載っていました。 読みながら、本に付いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「リーナのアトリエ」感想

リーナのアトリエ(DS)の感想です。 三度目の挑戦でやっと錬金術師となれたリーナ。 幼馴染みのリュオンに報告しようと家を訪ねると、タイミング悪く親子喧嘩中。 飛び出してしまった彼を追いかけて、リーナは森の中に迷い込んでしまいます。 やっとリュオンに追いついたものの、そこで二人が目にしたのは真っ赤に燃える森。 ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ予定のゲームあれこれ

発売日順にずらっと。12月発売のものは予約済み。 ○デス・コネクション PS2/オトメイト/2009年12月17日 まず、キャラクターデザインに惹かれました。 攻略対象がほとんど死んでるという斬新な設定も楽しみ。 もう少しで発売なのでワクワク待ってます。 ○リーナのアトリエ DS/ガスト/2009年12…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「はかれなはーと~君がために輝きを~」感想

はかれなはーと~君がために輝きを~(PS2)の感想です。 3年前、大事故に遭い大怪我を負った主人公・姫宮由香里は、高校進学と共に生まれた街へ戻ってきました。 それから時は経ち、文化祭も近づいたとある秋の日。 下校中に見たこともない少年から、「お前の盗んだ宝石を返して欲しい」と詰め寄られます。 まったく身に覚え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「L2Love×Loop」感想

L2Love×Loop(PS2)の感想です。 ロボットと人間との大きな戦争の後、辛うじて生き残った人間たち。 彼らはなおも人類を駆逐しようとするロボットから逃れるため、旧時代の人たちが残した廃墟を転々として暮らしていました。 そんな集落の一つで暮らす少女ナナミ。 両親はいませんが、姉や幼馴染みたちと質素ながらも平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去にプレイしたもの

ちょうどソラユメが終わった日に届いたので、現在L2 Love×Loopをプレイ中です。 思ったよりRPG的システムなので時間が掛かりそう。 今回は、今までプレイした乙女ゲーの中で特に思い出に残っているものを並べてみました。(順不同) 特に好きなところも一緒に。キャラはみんないいのでそれ以外の点で。 ちなみに、シリーズものは代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ソラユメ」感想

ソラユメ(PS2)の感想です。 夏休み残り1週間のある日。 普通の高校2年生である守永皐月は、両親が旅行へ出掛けたその日、蔵で怪しい指輪を見つけます。 その指輪をはめると突如、指輪に封印されていたらしい悪魔を名乗る人物が現れました。 探し物があるという悪魔、ルーエン。彼が探しているのはヘリオトロープという、破滅の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「蒼天の彼方」感想

蒼天の彼方(Win)の感想です。 大河ロマン中華ファンタジー。 戦の影が迫る国、昊。 愛麗は幼馴染みの呂雄、樂芳たちと貧しいながらも平穏な日々を過ごしていましたが、ある日、幼い頃に助けた国の瑞獣である羽兎に再会します。 「天命を見極めることのできる者」として選ばれた愛麗。 特別な力を授かったわけでも境遇が一変す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ予定のゲームあれこれ

予約済みのものを含めて、ばばっと貼っていきます。 ○L2 Love×Loop PS2/オトメイト/2009年7月23日 まさか背景買いする日が来るとは。 キャラクターデザインもいいですし、タイムリープ&ループものは好きなので楽しみにしてます。 カイン好き。 ○薄桜鬼 随想録 PS2/オトメイト/2009…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カヌチ 黒き翼の章」感想

カヌチ 黒き翼の章(PS2)の感想です。 カヌチ白き翼の章の続編。 前編のプレストーリーは前作の感想参照。 後編である黒き翼の章は、敵国・ヤスナに連れ去られたところから始まります。 訳も分からずいきなり牢に入れられ、不安な毎日を過ごすアキとカヤナ。 どうやら王のある目的のため連れてこられたらしいが……。 …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「アニーのアトリエ」感想

アニーのアトリエ(DS)の感想です。 怠け者の主人公・アニー。 錬金術師である祖父は見かねて、リゾート開発に参加する錬金術師として彼女をセラ島に送り込んでしまいます。 早くもやる気ゼロでしたが、開発に最も貢献した者は王子様の婚約者候補になれるということを聞いて俄然やる気になるアニー。 けれど、アニーは錬金術初心者。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレイ予定のゲームあれこれ

今さらですが、あけましておめでとうございます。 今年もいろいろ買うものがありすぎて死にそうですね。 応援バナーを張るついでと言ってはなんですが、今後買う予定のゲームを忘れないように並べておきたいと思います。 ○ワンドオブフォーチュン PS2/オトメイト/2009年6月25日 ノエルが楽しみすぎる。 自信家だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カヌチ 白き翼の章」感想

カヌチ 白き翼の章(PS2)の感想です。 二千年前の神話を主軸に、現代に甦った戦女神をめぐるファンタジー。 幼い頃、戦災で両親を亡くした鍛冶師見習いのアキ・ミヤズと、 そんな彼女に取り憑いた(?)、二千年前の神話の主人公カヤナ・タカマハラの二人を中心に物語は進んでいきます。 それぞれのキャラクターが抱える過去、カヤナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more